自分でできるワキガのチェック方法

ワキガはワキの下から、ツンと鼻をつくような臭いがする症状のことです。
一般的な汗の臭い、また汗の多さと混同されることもありますが、それらと関わりがあることもあれば、まったく関わりがないこともあります。

 

 

ですからまずは、自分のワキの下の臭いがどうかと言うのをチェックする必要があります。
自分の臭いを客観的に判断するのは難しいですが、以下の方法であれば比較的簡単に判断することができます。

 

 

それはティッシュやガーゼなどを1時間ほど、ワキの下に挟んでおくと言う方法です。
そしてその後、そこに染み込んだ汗の臭いを嗅いでみると言う方法です。
これでしたら自分の臭いを、自分の体から話した状態でチェックすることが可能です。

 

 

この方法でもし、ツンとしたような臭い、汗の臭いとは異なるような臭いがした場合には、ワキガである可能性が疑われます。
またこれ以外にも、体質的なことなどからワキガであるかどうかをチェックするポイントがあります。

 

 

ワキの下の汗腺にはふたつの種類があるのですが、この内、ワキガの原因になるとされているのはアポクリン汗腺です。
このアポクリン汗腺は、耳の中にも存在しています。
ワキガの人の場合、耳の中のアポクリン汗腺も多い傾向にあります。
そのため、その影響を受けて耳垢が湿りやすい傾向にあるとされていますので、耳垢を見てみるのがひとつの方法です。

 

 

それからワキガ体質は約3割の確率で遺伝されるものです。
ですから両親、または片親がワキガである場合には、自分にもそれが受け継がれている可能性があると言うことも覚えておきたい点です。

 

 

それからワキの下の状態をチェックするのも方法のひとつです。
何もしていないのにワキ毛に白い粉状のものが付着している場合には、注意が必要です。
またアポクリン腺に含まれている成分と常駐菌の反応により、衣服のワキ部分が黄色くなりやすいのも特徴のひとつですから、それも見ておくことが求められます。