衣類が臭う時にはどんな対策がある?

お洗濯をしているのに衣類が臭うというときは二つの原因が考えられます。洗濯機が汚れている場合・衣類そのものにニオイが染み付いてしまっている場合です。その両方かもしれません。それぞれ対策をとる必要があります。

 

 

洗濯機の中というのは湿気が逃げにくいためカビが繁殖しやすいです。表面上はきれいでも洗濯槽の裏側は汚れがびっしり付いていたりするかも。

 

洗濯が終わったらすぐに取り出して干すようにしましょう。とにかく大量に洗濯物を詰め込んだり、汚れがひどいからと洗剤の量を勝手に増やすのはやめて用法用量を守ることが大切です。

 

 

服に染み付いたにおいというのは汗というより菌の臭いです。汗や皮脂・たんぱく質の汚れが衣類の繊維の奥に染みこみそれを人の肌にいる常在菌が分解することで臭くなっているのです。

 

 

まずは洗剤を変えてみるなどの対策をしてみて、それでも臭うのであれば漂白剤を使って常在菌のエサを除去するようにしましょう。
ただ塩素系漂白剤だと白い衣類にしか使えませんし、漂白力が強力なため衣類を痛める可能性もあるので取り扱いに注意しましょう。触れることで手が荒れる心配もあります。

 

 

お肌や衣類・環境にもやさしいものをと考えるなら今何かと話題の重曹がおすすめです。漂白剤ほど強力ではないにしろ、効果はあります。菌の繁殖が抑えられ、臭くなりにくくなります。汚れも落ちやすくなります。洗濯だけでなくお掃除や冷蔵庫などの消臭にも使えるので1つあると便利です。

 

汗がついた服を洗濯機に放置したまま、洗った後も洗濯槽に入れたままにしていたら臭いの原因となってしまいます。衣類に・洗濯槽に臭いを染み込ませないよう早め早めに洗うようにしましょう。