汗が臭いのは病気のせい?

汗が臭い人の中には病気が隠れていることがあります。
汗が魚の腐った感じに似ている場合は、トリメチルアミン尿症の可能性があります。

 

 

これは魚臭症とも呼ばれ、食べ物を消化する時にトリメチルアミンが分解されないと汗や尿、呼気に混ざってしまいます。
先天的にトリメチルアミンを分解する酵素がない場合や、後天的に肝機能障害によって酵素がなくなってしまった場合に発症します。
魚介類や卵、コーン油などは体内でトリメチルアミンを生成しやすいので避けるのが良いです。

 

 

また糖尿病でも汗が臭くなります。
糖尿病とは血糖値が高くなる病気で、血糖値をコントロールできないとケトン体が作られます。

 

 

ケトン体は血液中ではアセトンという物質に代わり、これが砂糖のような甘い臭いがあるので、汗が甘酸っぱくなります。
糖尿病で腎臓の機能が衰えている場合は、腎臓がアンモニアを処理できないので、アンモニア系の酸っぱい汗が出ます。

 

 

一方で病気でない人でも汗が臭いケースがあります。
例えば運動不足の人です。
運動不足になると筋肉が衰えますが、たまに体を動かすことで疲労物質の乳酸がたくさん作られます。

 

 

また老廃物が溜まっているのでアルカリ性の汗をかくことが多く、ワキガを引き起こすアポクリン汗腺からたくさんの汗が出やすいので臭いがきつくなります。

 

参考:自分でできるワキガのチェック方法

 

日頃からエアコンや扇風機ばかり使わないで、ウォーキングなどで良い汗をかくと臭いが抑えられます。
汗をかいて放置する場合も臭くなります。健康な人は汗が出た直後は無臭です。
しかし汗は老廃物を含んでいるので、放置すると皮膚や衣服で雑菌が繁殖します。

 

汗をかいた時にすぐにタオルで拭けば、雑菌の繁殖が抑えられるので時間が経った時に臭いが気になりません。


関連ページ

汗のニオイの原因とは?
汗のニオイの原因となる物質や生活習慣などがわかればそれだけ対策をしやすくなるのではないでしょうか?
汗のニオイを改善できる食べ物
汗のニオイの原因となってしまう食べ物もありますが、反対に汗のニオイを改善することができる食べ物もあるのではないかと調べてみました。
ワキガのニオイはどんな匂い?