デリケートゾーンの匂いの原因

デリケートゾーンの匂いの原因は、雑菌です。雑菌が栄養を摂り、繁殖することで排出された老廃物が匂いを発しています。雑菌の栄養となる物質の種類とそれにより増える雑菌の種類により匂いに違いが出てきます。

 

 

雑菌の栄養には、ショーツに付着したおりものや尿、汗、経血、垢などがあります。尿や垢であれば、気を付けることで軽減することが可能ですが、おりものや汗、経血は気を付けても軽減することが難しいです。生理中に匂いが気になる女性は、多いですが、ナプキンや下着の締め付けにより陰部が蒸れやすく、経血に含まれているたんぱく質や垢が溜まり、雑菌が繁殖することが原因です。生理中の匂いを少しでも減らすためには、こまめにナプキンを交換するようにし、通気性の良いコットンなどの下着を身に着けるようにします。タイトなジーンズなどは、締め付けや蒸れやすくなる原因でもあるため、生理中だけでも避けた方が無難とされています。

 

 

特に、おりものはたんぱく質が豊富になっているため、雑菌の餌になりやすいです。また、デリケートゾーンには、アポクリン腺が多く分布しています。このアポクリン腺には、脂肪やアンモニアなどの雑菌にとって栄養豊富な汗が分泌されており、雑菌の繁殖しやすい高温体質の環境でもあります。デリケートゾーンから高温と多湿の条件を崩すことは難しいため、いかに餌となる栄養を与えないようにするかが対策のポイントになります。ただし、匂いが気になるからと言って、デリケートゾーンを洗浄力の強い石鹸やボディーソープで洗っていると炎症をおこし、トラブルが発生することがあります。洗いすぎは、皮膚を守る常在菌まで洗い流すことになり、雑菌の繁殖を促し逆効果になります。